MENU

CLOSE

自己破産しない方がいいのはどんなケース?

自己破産しない方がいいのはどんなケース?

268views

カテゴリ:未分類

自己破産しないメリットがあるのはどんなとき?

214886439d4bdd77a43e3b8479853495_s

債務整理の中でも最も強い効果を持つ自己破産が認められると、損時点での借金は帳消しになります。多額の借金に苦しむ人にとっては新しい人生の第っぽを踏み出すのに役立つ自己破産ですが、借金を抱えていても自己破産しないほうがいいケースもあります。自己破産しないほうがいいのはどんなケースなのでしょうか。

未請求の過払い金で完済できる可能性がある

自己破産すると債務は面積になりますが、同時に未請求の過払い金についても請求権を失います。過払い金請求で取り戻したお金で借金が完済できる見通しがある場合、自己破産ではなく過払い金を請求して任意整理で借金問題を解決したほうがデメリットが少なくその後の生活に与える影響も小さく抑えることができるでしょう。

弁護士に債務整理の相談をするとまず最初に過払い金の有無について確認されるため過払い金を放置したまま自己破産手続きを勧める可能性は低いですが、自分で手続をするときは過払い金の存在を見落としたまま自己破産を申し立ててしまう可能性があります。手続きを進める前に借金の状況を再チェックし、返済金の中にグレーゾーン金利適用分が含まれていないかを確認しておきましょう。

収入を増やす余力がある

副業やバイトの掛け持ちなどで収入を増やす余力がある場合、自己破産ではなく収入増で完済を目指したほうがいいでしょう。裁判所は自己破産の破産審尋において現在の収入状況を基準に免責決定の判断を下します。副業やバイトの掛け持ちなど無理を伴う方法での収入増までは求めないため、無理して働けば完済できる借金額出会っても自己破産が認められる可能性はあります。

しかし、自己破産が今後の生活に与える影響の大きさを考えれば無理をしてでも仕事を増やして借金を完済したほうが安心して暮らすことができます。必死に働いても完済できない金額まで借金が膨らんでしまったら話は別ですが、少しでも完済できる可能性があるならば安易に自己破産を選ぶべきではありません。

闇金から借金している

無許可でお金を貸し付けて高額の利息を取り立てる、いわゆる闇金から借金をしている方は急いで自己破産手続きをするべきでありません。法律に基づいて営業する消費者金融やクレジット会社は自己破産が認められれば決定に従って債務を免責してくれます。

けれど、そもそも法律に違反して営業している闇金はたとえ自己破産が認められたとしても決定に従わず悪質な取り立てや嫌がらせを辞めない可能性が高く、最悪の場合暴力行為に訴えてくるかもしれません。闇金から借金をしてしまったら急いで自己破産する前に闇金問題に強い弁護士もしくは警察に相談しましょう。

弁護士や警察に相談すれば自己破産とは別の方法で闇金に対処できます。うまくいけば違法な金利に相当する返済金をを過払い金として回収することもできます。闇金への対処は専門家と連携することが需要です。自己破産の申立も弁護士と相談しタイミングをみて手続きを進めてください。

自己破産は最後の手段

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

自己破産は借金問題解決の切り札であり最後の手段です。任意整理とは違いその後の生活に与える影響も多く、安易な気持ちで自己破産するときっと後悔します。借金問題を解決する方法は自己破産だけではありません。弁護士など専門家の知恵を借りれば自己破産よりもよい方法が見つかる可能性があります。自己破産で失敗することのないよう焦らずいろいろな方法を検討することが大切です。

お金がないときはNPOの力を借りよう

借金問題に関して無料で相談に乗ってくれる弁護士も多くいますが、依頼するには数十万円の費用がかかります。弁護士に支払うお金はないけど自分だけの力で自己破産するべきか判断できない、という方は借金に苦しむ人を支援するNPOの力を借りましょう。

NPO団体は借金の状況をチェックしてさまざまなアドバイスをしてくれる頼もしい存在です。弁護士のように手続きを代行してくれるわけではありませんが書類の書き方や申請手続きのやり方に関して助言してくれるので、自力での自己破産手続きの大きな助けになってくれます。自己破産するべきかに関しても助言が期待できます。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事