MENU

CLOSE

リボ払いのデメリット!支払期間が長くなり利息が膨らむ!

リボ払いのデメリット!支払期間が長くなり利息が膨らむ!

313views

カテゴリ:未分類

クレジットカードで買い物

6c1b4cda275b476265733e20157a70ec_s

クレジットカードにはショッピング枠があり、枠の範囲で買い物する事が可能です。買い物した後は締日に支払額が確定し、支払日に口座から引き落としされます。

リボ払いの仕組み

全額口座から引き落としされると困ると言う時に便利なのがリボ払いです。リボ払いは残高に応じて毎月最少の支払額が変動すると言う仕組みになっています。例えば残高1円以上10万円以下で毎月3000円、残高10万1円以上20万円以下で毎月6000円、残高20万1円以上30万円以下で毎月8000円など、一定の残高帯を超えると毎月の支払額が増えていく特徴があります。

このリボ払いだと残高10万円の時に10万円の商品を追加購入し残高20万円になっても、毎月の支払額は6000円で済みます。大きな買い物をしても毎月支払し易いのがリボ払いのメリットです。

支払期間が長くなる

支払し易い代わりにリボ払いは支払期間が長くなると言うデメリットがあります。リボ払いの手数料は年15%から年18%と高めです。クレジットカードのリボ払い残高30万円、リボ払い手数料年18%、元利均等方式で毎月8000円支払していく場合の支払期間は4年8か月とかなりの長さです。

支払期間が長くなると当然ながら利息の支払も増え、約14万4000円の利息になってしまいます。30万円の買い物でリボ払い手数料14万円以上も支払するのでは勿体ないです。リボ払い残高50万円、リボ払い手数料年18%、毎月1万5000円支払していく場合の支払期間は3年11か月、利息は約19万8000円です。

支払期間が残高30万円の時より短くなっているものの、残高が多い分だけ利息が増えています。支払し易いからと安易にリボ払いで買い物を繰り返すと、気づいた時には残高が膨らんでいたと言うケースが良くあります。

リボ払いの罠に嵌ってしまった時の解決方法

5ec2515a531449674afe83660387b879_s

一括支払する

リボ払いの罠に嵌ってしまうといつまで経っても支払が終わらないです。そんな罠から抜け出すには、ボーナスが出たタイミングで一括支払すると言う方法が有効です。一括支払後はもう支払に悩まされずに済むようになります。ボーナス分で全て賄えない時は生活に無理が生じない範囲で追加支払して下さい。

おまとめローンに一本化する

リボ払い枠を使い切ったからと2枚目3枚目のクレジットカードでリボ払いしていると大変です。そんな時はおまとめローンに一本化すると言う方法が有効です。一本化には残高が分かり易くなる、返済作業が一つになって楽になる、利息分の節約ができると言うメリットがあります。

債務整理する

リボ払いの支払が困難になったら債務整理すると言う選択肢があります。リボ払いで膨らんだ借金でも任意整理の手続きで解決ができます。任意整理とは裁判所を通さずに債権者と任意交渉を行い、今より借金返済を楽にして貰う手続きの事です。利息制限法による引き直し計算を行い、過払い金がある場合は返還して貰います。

過払い金が多い場合は借金がゼロになる事があります。さらに将来利息のカットなど支払できるような条件での和解を目指します。その代わりに任意整理後は約5年間ブラックリストに掲載されます。掲載中はクレジットやローンの審査に受からないです。自己破産や個人再生と比べると借金の減額が少ないです。

任意整理に応じない金融業者が増えており、成立しない事があります。債務整理について詳しくない一般の方が金融業者と交渉するのは難しいです。弁護士に任意整理の手続きを依頼すると、代わりに交渉して貰えます。

弁護士は債務整理の専門家でもあるために交渉がまとまり易いです。残高が膨らみ過ぎる前に早めの相談がおすすめです。近頃では全国対応で相談を受付する弁護士事務所もあります。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事