MENU

CLOSE

弁護士じゃなくてもOK!司法書士に債務整理を依頼する

弁護士じゃなくてもOK!司法書士に債務整理を依頼する

257views

カテゴリ:未分類

債務整理を司法書士に依頼する

369f5e56f30db63ced7d0a7febf3362f_s

債務整理の専門家というと弁護士というイメージがありますが、一定条件を満たす案件に限り司法書士に債務整理を依頼することができます。借金問題に苦しむ人の急増にあわせるように債務整理を専門に手掛ける司法書士は増えています。借金の返済に行き詰まってしまったけれど弁護士には相談しづらい、という方は債務整理に強い司法書士に相談しましょう。

司法書士に依頼できるのは個別債務額140万円以下の案件のみ

司法書士が債務整理を手掛けることは法律で認められていますが、すべての案件を手がけられるわけではありません。司法書士が手続きを代行できるのは個別の債務額が140万円以下の任意整理と過払い金請求に限られます。

借金総額が200万円であっても2社から100万円ずつ借りているケースであれば司法書士に依頼できます。過払い金請求に関しては請求する過払い金の額が1社あたり140万円以下の案件が対象です。過払い金が含まれる借金の額が500万円であったとしても、過払い金請求額が140万円以下なら司法書士に依頼できます。

司法書士は弁護士よりも費用が安くすむ

司法書士のほうが弁護士よりも費用の相場は安めなので、弁護士費用を払うと赤字になってしまうような少額の債務整理でも司法書士なら黒字になるケースが有ります。

業者への対応や手続き代行などは弁護士と同様の仕事をしてくれるので、厳しい取り立てを停止させたり業者との交渉も代行します。不慣れな弁護士に依頼するくらいなら債務整理を専門に行う司法書士に依頼したほうが迅速で確実な仕事が期待できるでしょう。

弁護士の少ない地方では司法書士が頼りになる

弁護士の多くは東京や大坂などの都会で活動しており、地方に行くと弁護士不足は深刻です。債務整理を依頼しようにも地元で弁護士が見つからないことも多く、わざわざ長時間と交通費をつかって都会の弁護士のところまで出向かなくてはなりません。

弁護士がいない地域でも司法書士が活動していれば債務整理を依頼することができます。都会まで出向く必要もないので債務整理希望者の負担は大きく軽減されます。

司法書士に債務整理を依頼するときの注意点

f792625161a1f2e10a39bfc3af672c68_s

司法書士に債務整理を依頼しても弁護士と同等の働きが期待できますが、いくつか注意すべき点もあります。司法書士に依頼して失敗しないよう注意点をよく覚えておきましょう。

任意整理と過払い金請求以外では書類作成代行とサポートに限られる

任意整理や過払い金以外にも債務整理する方法はありますが、司法書士がその他の方法による債務整理を代行することは認められていません。ただし、個人再生や自己破産などの方法で債務整理を行う場合でも司法書士は書類作成を代行することは可能です。

裁判所への出席は本人のみで司法書士は同席できないものの、手続きに関する相談などサポートを受けながら債務整理を進められるので自力で債務整理をやりたい人にとっては司法書士が心強い味方になってくれるでしょう。

債務総額を正しく把握していないと二度手間になる

債務整理の対象となる借金額が140万円以下で任意整理または過払い金請求による債務整理であれば、弁護士ではなく司法書士に依頼することが可能です。依頼するときに債務総額が正確に把握できていて債務整理対象額が140万円以下であることが明確になっていれば問題なく依頼できますが、債務整理を依頼する人の多くは自分の債務総額を正確に把握していません。

正確な金額は司法書士が取引履歴をチェックして初めて明らかになることがほとんどなので、依頼後のチェックで140万円以上であることが判明すると司法書士が手がけられなくなってしまいます。そうなるとあらためて弁護士を探さなければならず二度手間になってしまいます。140万円を超えている可能性があるときは最初から弁護士に相談したほうが確実です。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事