MENU

CLOSE

任意整理の費用体系、相談料・着手金・成功報酬

任意整理の費用体系、相談料・着手金・成功報酬

482views

カテゴリ:未分類

弁護士費用は細分化されています

ecbc6bbad05728bb3ba87f338c90fec9_s

借金をしている人たちの助け舟となるのが債務整理です。 テレビでも頻繁に広告を見かけますから、借金をしていない人にとっても馴染みのあるキーワードではないでしょうか。 債務整理を行うときには弁護士に手伝ってもらうのが一般的ですが、この時に一番心配なのは弁護士費用のことだと思います。 ただでさえ借金の返済でお金に困っているわけですから、弁護士費用を払うのは大変ですよね。

でも、どうしても返済が厳しくなった借金には債務整理が必要です。 だから、少しでも安心して弁護士に協力を仰げるように、この機会に弁護士費用の事を勉強しておくようにしましょう。 そこで今回は、細分化されている弁護士費用の概要に触れてみたいと思います。どんな支払い方法があるのか把握しておけば、 債務整理する時のイメージトレーニングにもつながるでしょう。

相談料

通常の弁護士は、依頼相談しただけで料金が発生します。 これは司法書士の場合でも同じくです。 相談料の相場は1時間で3000円から5000円程度となっています。しかし、相談料に関しては無料で対応してくれる弁護士事務所も増えました。 相談の内容にもよるのですが、債務整理の場合には無料で相談してくれるケースが多いでしょう。

自分に合った弁護士を選ぶときには、一つの弁護士事務所を訪れただけでいきなり決めてしまうのは危険ですから、 いくつかの弁護士事務所の中から選ぶのが おすすめです。その時には、無料で相談できる弁護士事務所を 中心に ピックアップした方がいいかもしれません。 そうすれば相談料を省いて債務整理することができるでしょう。

着手金

弁護士が、 債務者から正式に依頼を受けて 作業に着手した段階で支払う料金を着手金と言います。 着手金の相場は、 任意整理の場合なら2万円程度、 過払い金請求も2万円程度、 個人再生の場合は30万円程度、 自己破産の場合は20万円程度 となっており、 かなり値段に差があることがわかります。

任意整理や過払い金請求は債務整理の中でも一番行われているのですが、それには着手金が安いという背景があるのです。 ちなみに、着手金に関しては無料で対応している弁護士事務所もあります。

しかし、このケースは注意が必要です。 後から成功報酬に費用が上乗せされているケースがあるので、 着手金を無料にしている弁護士事務所を利用するときは、料金体制をきちんと事前に説明してもらうように してください。

成功報酬

債務整理が無事に終了した後に支払うのが成功報酬です。 弁護士事務所によって値段設定が違うのですが、 大まかな相場としては、 任意整理の場合は2万円、 過払い金請求の場合は2万円、 個人再生の場合は50万円、 自己破産の場合は40万円とみておけば良いでしょう。

他にもある料金体制

eb34a5455e5b140b752acbe3c4641bb9_s

弁護士会の料金体制は先ほど紹介したものだけではありません。 他にはどんなものがあるのか紹介していきましょう。

減額報酬

債務整理を行った結果、借金の減額に成功したら発生するのが減額報酬です。 減額できた借金の10%程度だと思っておけば良いでしょう。

過払い報酬

過払い金問題で債務整理をして、無事に過払い金が 帰ってきた時に支払う成功報酬です。 帰ってきた過払い金の20%程度となっています。

経費

債務整理を行う際に必要となった交通費などがこれにあたります。 代表的な例で言うと、出張相談を行ったときに発生しやすいです。 しかし、出張相談を無料にしている事務所もあります。

印紙代

債務整理を行うときには法的な書類を用意する必要があります。 その時に印紙を添付する必要があるのですが、それにかかった費用が 印紙代です。 弁護士事務所によっては経費に予め組み込まれているケースもありますから、事前に確認しておくようにしましょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事