MENU

CLOSE

持ち家、車、家財道具は?任意整理で手放すもの一覧

持ち家、車、家財道具は?任意整理で手放すもの一覧

481views

カテゴリ:未分類

債務整理の9割は任意整理

de5bb9d60744a05ca0a57e4673a2fcc5_s

借金問題解決のために用意されている債務整理手続きですが、債務手続きをした人のうち9割は任意整理を選択しています。借金が帳消しになる自己破産やマイホームの所有が認められる個人再生など任意整理以外の手続きは大きなメリットがあるものの免責が認められるハードルが高く、当事者同意の合意で成立する任意整理を選択するケースが大半です。

自己破産のように強制力を伴うデメリットはないものの、任意整理でもデメリットは発生します。所有財産の処分を迫られることもありますが、財産は手放さなければいけないのでしょうか。

財産の名義や残債の有無によって扱いは異なる

任意整理で持ち家や車などの財産を手放さなければいけないのかは、財産の名義や残債の有無によって異なります。基本的にローンを支払い終わっていない残債のある財産に関してはローンが任意整理の対象に含まれるケースではローン外車に回収されてしまいます。ローンを完済していれば手放さずに任意整理手続きを終えることが可能です。

手放さなければいけない財産は

ccac6fdf006dc3c172d393304425530a_s

任意整理で財産を手放すかどうかは債権者との話し合いによって決まります。財産を守りたいのなら弁護士に相談して任意整理手続きの代理人を依頼しましょう。借金問題に強い弁護士なら守りたい財産を手放すこと無く借金問題を解決できるよう債権者と粘り強く交渉してくれます。

ただしすべての財産を手放さず所有し続けられるとは限りません。ある程度の財産は手放す必要が有るため、どの財産を守りたいのか弁護士と相談のうえで交渉の方針を決めてください。

マイホームは手放さなくても任意整理可能

マイホームを所有している方は自宅だけはなんとしても守りたいと考えます。自宅が処分されてしまうのではと任意整理に及び腰になる方も少なくありませんが、マイホームを手放さずに任意整理することは可能です。任意整理で重要なのは借金の完済であり、マイホームを売却しなくても借金を完済できる返済計画が立案できれば強くマイホームの売却を迫られることはありません。

自動車はローンに注意

ローンを返し終わっていない自動車を手放したくない場合は、自動車ローンを任意整理の対象に含めずに手続きを進めましょう。自動車ローンを任意整理対象に含めてしまうと自動車をローン会社に回収されてしまいます。

自動車ローン以外の借金のみを整理対象にすれば、自動車ローンをきちんと返済している限り所有し続けることができます。ローンを完済している自動車を所有している場合、任意整理ではなく自動車を売却して借金の返済に回すよう強く迫られる可能性があります。自動車所有を理由に任意整理に応じてもらえない可能性もあるので、手放さざるをえない可能性は非常に高くなります。

価値ある家財道具は手放さざるをえない

家財道具に関しては価値の有無によって判断が異なります。売却しても二束三文にしかならない家財道具は任意整理でも処分を強く迫られません。しかし、アンティーク家具や高級オーディオ、大型テレビなど生活に必ずしも必要でないもので高価なものに関しては売却して返済に回すことが任意整理に応じる条件になることがあります。家財道具に関しては必要最低限のもの以外は手放すことを覚悟しておきましょう。

過払い金返還請求権は所有財産と無関係に認められる

返済したお金の中に過払い金が含まれている場合は過払い金返還請求を起こし、取り戻したお金で借金を返すことができます。過払い金返還請求は支払い過ぎた利息分を取り戻すだけなので全ての債務者に等しく認められる権利です。返済金に過払い金が含まれているかはケースによって異なりますが、借金がある人なら財産の所有状況とは無関係に訴訟を起こして回収することができます。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事